Active Directory連携

Active Directory連携

SeciossLinkとActive Directory(AD)を連携すると、今まで通りアカウント管理はADで行う運用を変更することなく、各システムにシームレスに情報を同期することができるようになります。ADの情報はSeciossLinkから定期的に情報を取得します。そのため、AD側にモジュールを導入する必要もありません。
※ネットワーク設定は必要

ID同期に加えて認証をADで行うことでき、ADを中心にクラウドサービスとID連携・認証連携を行うことも可能です。


 同期対象の属性


AzureADから取得可能な情報はSeciossLinkのAzure設定画面にある「属性」の項目に表示されている内容が対象となります。

同期属性 項目
ユーザーの同期属性 別名
メールアドレス
地域
言語
ユーザー状態
部署
役職
事業所
電話番号
FAX
携帯電話番号

郵便番号
都道府県
市区郡
町名・番地
【グループの同期属性】 メールアドレス
メンバー(グループのメンバー)

パスワード情報


AzureADから同期対象となったユーザーのパスワード情報は取得できません。
SeciossLinkはAzureADからユーザーを取得、格納するタイミングでランダムパスワードを生成します。

 

 

ID管理と認証を一元管理可能なSaaS型サービス

Standardプランを1か⽉無料でお試し!
無料期間終了後もデータ引継ぎ可能です。
まずはお気軽にお試しください。

お問い合わせ