IDプロビジョニング

IDプロビジョニング

ID情報を自動的にクラウドへ。システム管理者の手間を大幅に削減することができます!アカウント作成、削除など手間がかかる作業を完全自動化。
操作間違いや退職者アカウントの削除忘れなどのリスクも減らせます。

SeciossLinkのIDプロビジョニング機能を利用すると、様々なクラウドサービスに対して、ID(アカウント)情報、グループ情報を伝達(プロビジョニング)することができるようになります。また、サービスによっては、ロール情報やライセンス情報など、必要となる様々な情報をプロビジョニングすることができます。

【IDプロビジョニング対象サービス】

サービス対象 プロビジョニング内容
Google Workspace ユーザ情報

グループ情報(ML)

組織情報

ライセンス情報

マルチドメイン対応

Microsoft365 ユーザ情報

グループ情報(配布グループ、セキュリティグループ)

ライセンス情報

POP/IMAP/ActiveSyncなどのON/OFF設定

予定表の共有設定(有効/無効)

階層型アドレス帳設定

マルチドメイン対応

cybozu.com ユーザ情報

グループ情報

利用サービス情報

LINE WORKS ユーザ情報

グループ情報

Salesforce ユーザ情報

利用サービス情報

Amazon Web Services ユーザ情報

IAM/ AWS Directory Serviceへの同期が可能

Box ユーザ情報

グループ情報

Dropbox ユーザ情報
Evernote ユーザ情報
Adobe Creative Cloud ユーザ情報

グループ情報

Slack ユーザ情報

グループ情報

Zendesk ユーザ情報

グループ情報

HotProfile ユーザ情報

グループ情報

eセールスマネージャー ユーザ情報

グループ情報

Zoom ユーザ情報

グループ情報

GitHub ユーザ情報

グループ情報

ID管理と認証を一元管理可能なSaaS型サービス

Standardプランを1か⽉無料でお試し!
無料期間終了後もデータ引継ぎ可能です。
まずはお気軽にお試しください。

お問い合わせ