多要素認証

多要素認証

不正アクセスを防止する。安全なアクセスを確保する多要素認証。「パスワード」だけでログインする方法は安全ではありません。SeciossLinkは1度切りの使い捨てパスワードである「ワンタイムパスワード(OTP)」やクライアント証明書を利用した認証方式を標準で提供しています。

認証方式は「ID/パスワード」のほか、ワンタイムパスワード、クライアント証明書認証などを組み合わせることで、多段階の認証を求めるように設定することができます。さらに、「アクセス制限」機能との組み合わせでは、社内アクセスは「ID/パスワード」のみ、社外アクセスは「ID/パスワード+OTP」、クライアント証明書が導入されているデバイスからのみアクセスを許可する、など様々なセキュリティ要件に対応できるように作られています。

また、様々な認証方法を組み合わせることで、ID/パスワード以外のログイン方法を使い「パスワードレス」のログインも可能です。

他社製品との連携:イメージ認証(PassLogic / SecureMatrix)、指紋などの生体認証

種別 認証方式
標準提供 ID/パスワード
ワンタイムパスワード(OTspanアプリも提供)
クライアント証明書認証
FIDO認証
統合Windows認証(デスクトップSSO)
QRコード認証 ※QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。

以下、特徴的な認証方法のご紹介をいたします。


ワンタイムパスワード(OTP)認証


アカウントのログイン時に1度だけ有効なパスワードがユーザーに発行されます。それをワンタイムパスワードと呼び、それを発行するシステムをワンタイムパスワードサービスと呼びます。
セシオスでは、メールでのワンタイムパスワード通知とアプリでの通知機能を提供しています。
※OTPアプリも提供


クライアント証明書


証明書発行機関(CA局)と連携が可能で、証明書発行依頼から取得まで自動化することが可能です。発行された証明書はユーザ自身がポータル画面からダウンロード可能です。
※クライアント証明書自体は別途オプションとしてお申込みいただけます。お問い合わせください。


FIDO認証


FIDO認証によるパスワード認証はユーザーの情報をデバイス内で確認した結果のみサーバーに送信するため、生体情報やPIN情報がネットワークに残ることがなくサーバーに保存されることがありません。こちらを認証方法に用いることで、パスワードレスな認証方法を設定可能です。


統合Windows認証


統合Windows認証とは、Windowsのユーザーアカウント情報を利用して認証を行います。

ID管理と認証を一元管理可能なSaaS型サービス

Standardプランを1か⽉無料でお試し!
無料期間終了後もデータ引継ぎ可能です。
まずはお気軽にお試しください。

お問い合わせ