SeciossLink 管理者ガイド

システム設定
クライアント証明書 取得までの流れ

証明書発行機関の準備が完了したら、SeciossLinkの管理コンソールから発行依頼を行います。
SeciossLink管理画面から左メニューの「システム」-「クライアント証明書」をクリックしてください。

クライアント証明書の発行申請からダウンロードまでの流れは以下の通りです。

  1. 証明書発行機関の設定
    クライアント証明書の発行依頼先(CA局)の情報を入力します。発行された証明書のダウンロード期間や回数を設定することができます。

    図 1 証明書発行機関の設定

     

  2. SeciossLinkのテナントにCA証明書をアップロード
    SeciossLink管理画面の左メニューの「システム」-「テナント情報」から「CA証明書」をアップロードしてください。※CA証明書はADのルート証明書です。

    図 2 SeciossLinkのテナントにCA証明書をアップロード

     

  3. クライアント証明書申請
    指定したユーザに対して、クライアント証明書の発行申請を行います。クライアント証明書の発行申請が可能な対象ユーザはSeciossLinkに存在しているユーザとなります。

    図 3 クライアント証明書申請

     

  4. クライアント証明書の発行
    証明書発行機関でクライアント証明書を発行します。発行操作は証明書発行機関の設定によりますが、自動で行うことができます。発行されたクライアント証明書はSeciossLinkが自動で取得し、保持します。
    状態が「発行済」であることを確認してください。

    図 4 クライアント証明書一覧

     

  5. クライアント証明書のダウンロード
    管理画面から、管理者による発行済みのクライアント証明書のダウンロートは可能です。

    図 5 クライアント証明書のダウンロード

    また、「画面設定」メニューのオプション設定により、ユーザが自身のSeciossLinkポータル画面(パスワード変更や許可されたサービスが表示されるポータル画面)にログインし、「クライアント証明書のダウンロード」アイコンから証明書をダウンロードすることも可能です。※現時点MacOS端末の利用はできません。

  6. ブラウザへ証明書をインポート
    利用するブラウザにダウンロードした証明書をインポートしてください。証明書インポート時にパスワードを求められますが、空白のままでインポートできます。

 

※注意点
弊社提供サービスをご利用のお客様は、上記3~6の手順を行ってください。

マニュアル内検索

マニュアル関連

ID管理と認証を一元管理可能なSaaS型サービス

seciossLink

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

アイコン:smartphone