SeciossLink 管理者ガイド

シングルサインオン
リバースプロキシ アプリケーションの登録

リバースプロキシ方式でシングルサインオンを⾏うアプリケーションを登録します。左メニューの「シングルサインオン」-「リバースプロキシ」を開き、画面右上の「登録」タブをクリックしてください。
※事前に「設定」タブよりリバースプロキシサーバーの設定を実施してください

リバースプロキシ アプリケーション登録画面

リバースプロキシ アプリケーションの登録項目

項目名 説明
割り当てるライセンス リバースプロキシに割り当てるライセンスを指定してください
アプリケーションID アプリケーションを識別するIDを設定してください。

※“-テナントID“が末尾に自動的に付加されます。

アプリケーション名 アプリケーションの名前を設定してください
プロキシサーバーのホスト名 プロキシサーバーのホスト名を指定してください。
プロキシのパス プロキシサーバ上のパスとプロキシ先のアプリケーションのURLを指定してください。
ログインフォームの取得 認証方式「フォーム認証」を実施する際に、アプリケーションのログインフォームに関して取得有無を指定します。
有効にした場合、「ログインURL」に一回アクセスし、ログインフォームを取得(hidden 情報などを取得します)した上で、ログインURLに対してユーザーID・パスワードをPOSTします。
無効にした場合、「ログインURL」へアクセスを行わずに、ログインURLに対してユーザーID・パスワードをPOSTします。
文字コード アプリケーションの文字エンコードを指定してください。
※未指定の場合は自動的に文字エンコードを「UTF-8」としてリバースプロキシからページを返します。
リファラー リバースプロキシを経由したときのアクセス元URLを指定します。
認証方式 アプリケーションにログインする際の認証方式を選択してください
・フォーム認証:アプリケーションのパラメータ等を使用した認証
・Basic認証:SeciossLink側で指定した認証
セッションのクッキー名 アプリケーションのセッションが保存されるクッキー名を指定してください。
クッキーのパス セッションが保存されるクッキーのパスを指定してください。
パス変換(mod_proxy_html) リバースプロキシサーバを経由するHTMLのコンテンツ変換
HTMLのコンテンツ内でアプリケーションのホスト名やパスを含むURLをリバースプロキシサーバ経由のURLに変換します。
コンテンツ変換(mod_substitute) リバースプロキシサーバを経由するHTML、JavaScript、CSSのコンテンツ変換
HTML、Javascript、CSS等のコンテンツ内でアプリケーションのホスト名やパスを含むURLをリバースプロキシサーバ経由のURLに変換します。
ログインURL アプリケーションのログインURL
アクセス先パス ユーザーポータルに表示するリンクのプロキシーサーバーのパス
※未設定の場合、ユーザーポータルにリンクは表示されません。
ユーザーIDの属性名 アプリケーションに送信するユーザーIDが格納されている属性
アプリケーションのパスワード アプリケーションに送信するパスワードの属性を選択します。
以下が選択できます。
・シングルサインオンのパスワード
・サービス個別のパスワード
ユーザーIDのパラメーター フォーム認証の際にユーザーIDをアプリケーションに送信する際のパラメーター名
パスワードのパラメーター フォーム認証の際にパスワードをアプリケーションに送信する際のパラメーター名
POSTデータ フォーム認証の際にアプリケーションに対してユーザーIDとパスワード以外に送信するデータがある場合、パラメータ名、値、関数(暗号化方式)を設定します。
関数を設定すると、設定された関数で、値を暗号化し、送信します。
ポータルに表示するロゴ画像 ユーザーポータルに表示するアプリケーションのロゴ画像のURL
※ロゴ画像が公開されているURLを入力してください。

マニュアル内検索

マニュアル関連

ID管理と認証を一元管理可能なSaaS型サービス

seciossLink

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

アイコン:smartphone