SeciossLink 管理者ガイド

認証ルール
利⽤可能な認証方法

認証ルールに設定可能な認証方法には以下があります。

認証方法 説明
ID/パスワード認証 ユーザーIDとパスワードによる認証です。
SAML認証 SeciossLinkとは別のSAML IDプロバイダーによりユーザー認証を行います。
証明書認証 クライアント証明書による認証を行います。証明書認証を行う場合、事前に「システム設定」の「テナント情報」からCA証明書等の設定を行って下さい。
証明書確認 正しいクライアント証明書であるかどうかを確認します。ユーザーの認証は行わないため、必ず他の認証方式と組み合わせて下さい。証明書確認を行う場合、事前に「システム設定」の「テナント情報」からCA証明書の設定を行って下さい。
ワンタイムパスワード(トークン) トークンを使用したワインタイムパスワードによる認証です。
ワンタイムパスワード(メール) パスワードをメールで通知するワンタイムパスワード認証です。
FIDO認証 FIDO2準拠のデバイスによる認証を行います。
RADIUS連携認証 RADIUSサーバーと連携し、認証を行います。
AD/LDAP認証(LDAPS) 社内のActive DirectoryやLDAPサーバにてユーザーの認証を行います。

「認証」-「AD/LDAPS認証(LDAPS)」から設定を行って下さい。

※この認証ルールは、Active Directory側のパスワードポリシーにも準拠します 。

統合Windows認証 Active Directoryドメインに参加した端末から、統合Windows認証を利用して認証を行います。
QRコード認証 事前に専用アプリケーション(SlinkPass)のアカウント設定が必要になります。

アクセス時に表示された二次元コードをSlinkPass内でスキャンし、認証を行います。

利用可能な認証方法

マニュアル内検索

マニュアル関連

ID管理と認証を一元管理可能なSaaS型サービス

seciossLink

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

アイコン:smartphone