SeciossLink 管理者ガイド

Provisioning API
認証

認証の方法には、OAuth 2.0とBasic認証があります。

OAuth 2.0で認証を行う場合は、「12.6 接続アプリケーション」に従って、”サービスアカウント”の接続アプリケーションを登録して下さい。登録した接続アプリケーションで”アクセストークン”発行を実行して、発行されたアクセストークンを以下のようにAuthorizationヘッダに設定して、リクエストを送信して下さい。

Authorization: Bearer <アクセストークン>

 

Basic認証で認証を行う場合は、Authorizationヘッダに接続するユーザのIDとパスワードを設定して、リクエストを送信して下さい。

マニュアル内検索

マニュアル関連

ID管理と認証を一元管理可能なSaaS型サービス

seciossLink

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

アイコン:smartphone