SeciossLink 管理者ガイド

アクセス権限

左メニューの「アクセス権限」から、アクセス権限に関する設定を⾏います。
「アクセス権限」は「認証ルール」で認証された後に2段階目のフィルタとして評価される機能です。

例えば、あるサービスに対するアクセスでは特定のユーザー、グループのみ許可する、または追加で認証を求める、というアクセス制御が実現できます。

また、認証ルールと同様にアクセス元クライアントの種類(PC、タブレット、スマートフォン)や、アクセス元のネットワーク(IPアドレス)、アクセスする時間帯による制限に関する設定も可能です。

これらの機能を使用して以下のようなアクセス権限の作成ができます。

例)
・「Microsoft365」にアクセスする際には追加でワンタイムパスワード認証が必要
・SeciossLink管理画面には管理者グループ「Admin」に所属するユーザーのみがアクセス可能
・ユーザーポータル画面に対しては社内ネットワークからのみアクセスが可能

アクセス権限は複数作成することが可能ですが、接続先のサービスに対して一致するアクセス権限が存在しない場合、アクセスが拒否されるため、ご注意下さい。

 

マニュアル内検索

マニュアル関連

ID管理と認証を一元管理可能なSaaS型サービス

Standardプランを1か⽉無料でお試し!
無料期間終了後もデータ引継ぎ可能です。
まずはお気軽にお試しください。

お問い合わせ