SeciossLink 管理者ガイド

シングルサインオン
Amazon Web Services

Amazon Web Servicesとのシングルサインオン、ID 同期の設定を⾏います。

Amazon Web Services側で接続用のユーザーを事前に作成したうえで、「シングルサインオン」-「シングルサインオンサービス」 から、”Amazon Web Services”を選択して設定を実施して下さい。

Amazon Web Services側での設定

1.Amazon Web Servicesの管理コンソール(https://console.aws.amazon.com/iam/)へログインし、IAMの画面を開く
2.サイドメニューの「ユーザー」を選択
3.新規でユーザーを追加 (例:activityuser)
4.アクセスの種類 「プログラムによるアクセス」をチェック
5.「アクセス権限の追加」より、アクセス権限「IAMFullAccess」を追加。
6.ユーザー作成後、ユーザーの認証情報タブを開き、「アクセスキーの作成」をクリック
※SeciossLinkの設定で使用するため、ユーザー作成後に表示される「アクセスキー ID」と「シークレットアクセスキー」を控えてください

Amazon Web Services 設定画面

Amazon Web Services 設定項目

項目名 説明
シングルサインオンの設定 有効にした場合、Amazon Web Servicesとのシングルサインオンを行います。
メタデータ Amazon Web ServicesのIAMにアクセスする際のアクセスキーを入力します
シークレットキー Amazon Web ServicesのIAMにアクセスする際のシークレットキーを入力します。
ユーザーIDの属性 Amazon Web ServicesののユーザーIDに使用する属性を選択してください。
ID同期 有効にした場合、Amazon Web ServicesとのID同期を行います。
パスワード同期 「ID同期」を有効にした場合に、Amazon Web Services側へのパスワードの同期に関して選択します。
・ なし:パスワードを同期しない
・ シングルサインオンのパスワード:SeciossLink のパスワードをAmazon Web Servicesへ同期します。
・ ランダムパスワード:SeciossLink側でランダムに生成したパスワードをAmazon Web Servicesへ同期します。

 

マニュアル内検索

マニュアル関連

ID管理と認証を一元管理可能なSaaS型サービス

Standardプランを1か⽉無料でお試し!
無料期間終了後もデータ引継ぎ可能です。
まずはお気軽にお試しください。

お問い合わせ