SeciossLink 管理者ガイド

Provisioning API
APIの認証

APIの認証にはOAuthを使用します。
APIの認証用のOAuthクライアントは、「システム」-「接続アプリケーション」-「登録」から”アプリケーションの種類”を”サービスアカウント”として作成して下さい。
作成したOAuthクライアントの”アクセストークン”の値を、”Authorization: Bearer <アクセストークン>”の形式でAuthorizationヘッダーに設定して、APIへアクセスして下さい。

また、OAuth認証の他にログインAPIからセッションIDを取得して、そのセッションIDをAPIのリクエストと一緒に送信して、APIの認証を行う方法もあります。

 

操作 利用可能なパラメータ 必須 説明



action_login 固定値:true
id ログインするユーザーID
password パスワード

ログインAPIパラメータ一覧

ログインAPIのレスポンス内の<sessid>の値を、APIのリクエストのパラメータsessidに設定して、APIにアクセスして下さい。

マニュアル内検索

マニュアル関連

ID管理と認証を一元管理可能なSaaS型サービス

Standardプランを1か⽉無料でお試し!
無料期間終了後もデータ引継ぎ可能です。
まずはお気軽にお試しください。

お問い合わせ