SeciossLink クイックスタートガイド G Suite編

APIs利用クライアント作成

G Suite管理者アカウントでGoogle API Consoleにログインし、

  • プロジェクトで実施するAPIの種類を有効化
  • 利用するサービスアカウントの作成
  • 及びそのサービスアカウントの認証情報(秘密鍵/メールアドレス/一意のID)の入手

を実施します。

  1. Google API Console にアクセスし、管理アカウントよりログインします。
  2. Google API Console」にログイン後、「プロジェクト」が存在しない場合「新しいプロジェクト」を開き、「プロジェクト名」を入力して作成してください。作成完了時点で、作成されたプロジェクトが選択された状態になります。
  3. 検索ボックス「APIとサービスを検索します」に“Admin”と入力し、検索候補に表示される「Admin SDK」を選択します。
    APIの説明が表示されたら「有効にする」を選択し、APIの概要に切り替わった際に「APIを無効にする」が表示されれば、APIが有効となります。
  4. C.」と同様に検索ボックス「APIとサービスを検索します」に“License”と入力し、検索候補に表示される「Enterprise License Manager API」を選択します。
    「有効にする」を選択してAPIの概要に切り替わった際に「APIを無効にする」が表示されれば、APIが有効となります
    ※以下の場合、当APIの有効化は不要です。

    • Secioss Link側からライセンスの割り当てを実施しない
    • G Suite側の設定で自動ライセンスの割り当てを行っている

  5. 左上のメニューより「IAMと管理」-「サービスアカウント」のメニューに移動し、「サービスアカウントを作成」からサービスアカウントを作成します。
  6. 「サービスアカウントを作成」をクリックすると、「①サービスアカウントの詳細」を設定する画面が表示されます。
    「サービスアカウント名」を入力し、「作成」をクリックします。
  7. 「②このサービスアカウントにプロジェクトへのアクセスを許可する」の画面が表示されるため、アカウントの役割を選択します。
    「ロールを選択」から「Project」⇒「オーナー」の順に選択して、「ロール」のボックス内に「オーナー」が表示されたら、「続行」を選択します。
    「③ユーザーにこのサービスアカウントへのアクセスを許可」の画面が表示されたら、「完了」を選択してください。
  8. サービスアカウントの作成後は、今回利用する秘密鍵を作成します。
    作成されたサービスアカウントより「」⇒「鍵を作成」の順に選択し、「キーのタイプ」に「P12」を選択した状態で、「作成」をクリックします。
  9. 「H.」で作成された秘密鍵は自動でダウンロードされます。
    ダウンロードされた秘密鍵と、秘密鍵のパスワードが表示されます。
    「閉じる」をクリックし、サービスアカウント一覧画面に戻ります。

以上で、サービスアカウントが作成されました。
ID同期用のサービスアカウントの必要情報については、
作成されたサービスアカウントより「︙」⇒「編集」の順に選択して確認できます。

  • メールアドレス
  • 一意のID

 

マニュアル内検索

マニュアル関連

ID管理と認証を一元管理可能なSaaS型サービス

seciossLink

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

アイコン:smartphone