SeciossLink クイックスタートガイド G Suite編

APIs利用クライアント作成

G Suite管理者アカウントを用いて、Google Developers Consoleにログインし、下記手順より、プロジェクトで実施するAPIの種類を有効化し、利用するサービスアカウントを作成し、及びそのサービスアカウントの認証情報を入手してください。

  1. Google Developers Console にアクセスし、管理アカウントよりログインします。
  2. Google Developers Console」にログイン後、「プロジェクト」が存在しない場合「新しいプロジェクト」を開き、プロジェクト名を入力して作成してください。作成完了次第で、作成されたプロジェクトが選択された状態になります。
  3. widgetAPIの概要に移動」⇒「ライブラリ」⇒「APIとサービスを検索」まで移動してください。
  4. APIとサービスを検索」の欄から“Admin”で検索してください。検索にある「Admin SDK」を「有効にする」をクリックし、「無効にする」が表示されれば、有効となります。
  5. 同じく「APIとサービスを検索」から“License”で検索してください。検索にある「Enterprise License Manager API」を「有効にする」をクリックし、「無効にする」が表示されれば有効となります。
  6. 左上のメニューより「IAMの管理」へ移動し、「サービスアカウント」のメニューより、サービスアカウントを作成します。
  7. 「+サービスアカウントを作成」をクリックすると、設定項目が表示されますので、サービスアカウントを作成します。
    プロジェクトの役割は、「オーナー」、新しい秘密鍵の提供で「P12」を選択し、「GSuiteドメイン全体の委任を有効にする」にチェックを入れ、保存します。
  8. サービスアカウントが作成され、今回利用する秘密鍵が自動でダウンロードされます。
    ダウンロードされた「秘密鍵」と「パスワード」を大切に控えておいてください。「閉じる」をクリックし、画面に戻ります。

以上で、サービスアカウントに先ほど作成したID同期用のサービスアカウントが表示されます。

ID同期用のサービスアカウントの必要情報を「クライアントIDを表示」から取得できます。

  • クライアントID
  • OAuth APIメールアドレス

 

マニュアル内検索

マニュアル関連

ID管理と認証を一元管理可能なSaaS型サービス

seciossLink

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

アイコン:smartphone