SeciossLink 管理者ガイド

認証ルール

左メニューの「認証」から、認証ルールの設定を⾏います。

「認証ルール」は全ての未認証ユーザーに一番最初に適用されるルールです。
※「認証ルール」適用後、2段階目のフィルタとして「アクセス権限」があります。

「認証ルール」では「認証方式」を設定する必要があります。一般的な「パスワード認証」のほか、「クライアント証明書」を利用した認証方式(「証明書認証」、「証明書確認」)や、1度切りの使い捨てパスワードを使用したワンタイムパスワード(OTP)認証など様々な認証方式を提供しております。利用可能な認証方式については「利⽤可能な認証方法を参照してください。

認証方式の設定以外にアクセス元クライアントの種類(PC、タブレット、スマートフォン)や、アクセス元のネットワーク(IPアドレス)、アクセスする時間帯による制限を行うことができます。

「認証ルール」を複数作成し、組み合わせることで以下のような使い分けが可能です。

例)
・社内PCから営業時間内のアクセス:パスワード認証
・社外PCからのアクセス:パスワード認証+証明書認証
・スマートフォンからのアクセス:パスワード認証+ワンタイムパスワード認証

「認証ルール」は複数作成することができますが、条件に一致したルールが適用され、どの認証ルールにも合致しない場合は、ログインは拒否されます。

また、「認証ルール」-「認証ポリシー」内の項目「ユーザー単位の認証ルール設定」にチェックを入れる(有効にする)と、ユーザーやユーザーグループを条件として設定することができます。これは最初にユーザーIDを入力させることによってユーザーを識別、ユーザーに応じた認証方式を提示するための機能です。

例)
・Aユーザーは「ワンタイムパスワード認証」を提示
・Bユーザーは「証明書認証」を提示

その際には、ログイン時、最初にユーザーIDを入力する画面が表示され、その後、条件に応じた認証画面が表示されます。

マニュアル内検索

マニュアル関連

ID管理と認証を一元管理可能なSaaS型サービス

seciossLink

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

アイコン:smartphone