SeciossLink 管理者ガイド

CASB
Google Workspace

Google WorkspaceとのCASB機能連携設定を⾏います。
Google Workspace側で事前設定を実施したうえで、「CASB」-「クラウドサービス」から「Google Workspace」を選択して設定を実施して下さい。

Google Workspace側の設定

SeciossLink クイックスタートガイド Google Workspace編APIs利用クライアント作成https://seciosslink.com/manual/apisclient)を参考に、以下の箇所を設定してください。
・以下のAPIを追加で有効化する
Cloud Resource Manager API
Compute Engine API
Kubernetes Engine API
・秘密鍵を生成する際に、JSON形式の秘密鍵を追加で生成してダウンロード

また、クライアント承認設定https://seciosslink.com/manual/clientapiapproval)の手順でAPIの範囲」に下記のスコープを追加してください
https://www.googleapis.com/auth/admin.reports.audit.readonly
https://www.googleapis.com/auth/cloud-platform※
※セキュリティチェック機能を使用する場合

Google Workspace 設定画面

Google Workspace 設定項目

項目名 説明
設定 「有効」にチェックを入れた場合、Google WorkspaceとのCASB機能が有効化されます。
機能 「アクティビティログ」「セキュリティチェック」のうち、使用する機能にチェックを入れます。
管理アカウント名※ Google Workspace 側の管理アカウント名を入力します。
ドメイン※ Google Workspace のプライマリドメインを入力します
OAuth API メールアドレス※ Google WorkSpace側で作成した接続用APIクライアントのメールアドレスを入力します
OAuth API 秘密鍵 Google WorkSpace側から生成したJSON形式の秘密鍵ファイルをテキストエディタ等で開き、「private_key」の値をコピーして入力してください。
※秘密鍵のテキストに含まれる「\n」は改行コードに変換して下さい。

マニュアル内検索

マニュアル関連

ID管理と認証を一元管理可能なSaaS型サービス

Standardプランを1か⽉無料でお試し!
無料期間終了後もデータ引継ぎ可能です。
まずはお気軽にお試しください。

お問い合わせ