SeciossLink 管理者ガイド

CASB
LINE WORKS

SeciossLinkのCASB機能でLINE WORKSと連携するには、LINE WORKS側で事前設定した情報を用いて、SeciossLink管理コンソールに連携登録が必要です。

■LINE WORKS側事前設定

  1. LINE WORKSの開発者ページへログインしてください。
    https://developers.worksmobile.com/console/openapi/main
  2. Server API Consumer Key」-「発行」より、「監査」-「すべて」にチェックを入れ、「次へ」を押下します。
  3. Tokenの有効期間」に任意の値を選択、「Tokenの使用時に有効期間を自動延長しますか?」を選択して「保存」を押下します。
    この際に発行されたキーを控えてください
  4. Server List(固定IPタイプ)追加を押下し、以下入力します。
  • サーバー名:SeciossLink
  • Key:手順3.で発行したキー情報
  • IP:52.68.180.107
  • 発行」をクリックし、トークンが発行されたことを確認後、「同意して利用するを押します。Domain IDTenant IDの控えは忘れずに行ってください。

以上が、LINE WORKS側での設定となります。

■SeciossLink側連携設定

SeciossLink管理コンソールメニュー「CASB」-「クラウドサービス」から「LINE WORKS」を選択して、各項目を設定してください。

CASB | LINE WORKS 設定画面

 

CASB | LINE WORKS 設定項目

項目名 説明
設定 「有効」にチェックし、LINE WORKSとのCASB機能連携が有効化されます。
機能 「アクティビティログ」を使用する際にチェックを入れます。
Tenant ID※ LINE WORKSのTenant IDを入力します。
Domain ID※ LINE WORKSのDomain IDを入力します。
Consumer Key LINE WORKSのServer API Consumer Keyを入力します。
Token LINE WORKSのServer List(固定IPタイプ)で発行したトークンを入力します。

マニュアル内検索

マニュアル関連

ID管理と認証を一元管理可能なSaaS型サービス

Standardプランを1か⽉無料でお試し!
無料期間終了後もデータ引継ぎ可能です。
まずはお気軽にお試しください。

お問い合わせ