SeciossLink 管理者ガイド

CASB
Microsoft 365

SeciossLinkのCASB機能でMicrosoft 365と連携するには、Microsoft 365側で事前設定した情報を用いて、SeciossLink管理コンソールに連携登録が必要です。

■Microsoft 365側事前設定

  1. Azureの管理者画面(https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=2083908)へログインします
  2. アプリの登録」の画面が表示されたら、「新規登録」をクリックし、任意の名前(例:activityuser)でアプリケーションを登録します。
  3. 登録したアプリを選択し、「APIのアクセス許可」を選択後、「アクセス許可の追加」をクリックし、「Office 365 Management APIs」-「アプリケーションの許可」-「ActivityFeed.Read」にチェックを入れて、「アクセス許可の追加」ボタンをクリックします。
  4. 概要」に表示される「アプリケーション (クライアント) ID」と「ディレクトリ (テナント) ID」を控えます。
  5. 証明書とシークレット」より、「新しいクライアント シークレット」を選択し、クライアントシークレットを追加してください。

以上が、Microsoft365側での設定となります。

■SeciossLink側連携設定

SeciossLink管理コンソールメニュー「CASB」-「クラウドサービス」から「Microsoft 365」を選択して、各項目を設定してください。

Microsoft 365 設定画面

Microsoft 365 設定項目

項目名 説明
設定 「有効」にチェックを入れた場合、Microsoft 365とのCASB機能が有効化されます。
機能 使用する機能の項目にチェックを入れます。
・アクティビティログ:アクティビティログ機能と脅威検知機能
・セキュリティチェック:セキュリティチェック機能
アプリケーションID※ Azureの管理画面で作成したアプリケーションの「アプリケーション (クライアント) ID」を入力してください。
アプリケーションキー Azureの管理画面で作成したアプリケーションの「クライアントシークレット」を入力してください。
ディレクトリーID※ Azureの管理画面で作成したアプリケーションの「ディレクトリ (テナント) ID」を入力してください。
サブスクリプションID 連携先のアプリケーションが登録されているAzureが所有しているサブスクリプションIDを登録してください。

マニュアル内検索

マニュアル関連

ID管理と認証を一元管理可能なSaaS型サービス

Standardプランを1か⽉無料でお試し!
無料期間終了後もデータ引継ぎ可能です。
まずはお気軽にお試しください。

お問い合わせ