SeciossLink 管理者ガイド

CASB
脅威検知の設定

「CASB」-「脅威検知」を開いた画面左上の「設定」タブより、脅威検知に関する設定が可能です。

当項目を設定することで、一定のレベルを超えた脅威を検知した際に対象のアカウントをロックしたり、脅威となる操作が発生した旨をメールで通知することが可能です。

脅威検知の設定画面

脅威検知の設定項目

項目名 項目名
アカウントロック 有効にチェックを入れた場合、「脅威レベル」に指定したレベルの脅威が発生した際に、対象のアカウントをロックします。
メール通知 有効にチェックを入れた場合、「脅威レベル」に指定したレベルの脅威を検知した際に、管理者のアドレスに対して脅威の内容をメールで通知します。

※「脅威レベル」の詳細情報については非公開となっております。予めご了承ください。

マニュアル内検索

マニュアル関連

ID管理と認証を一元管理可能なSaaS型サービス

Standardプランを1か⽉無料でお試し!
無料期間終了後もデータ引継ぎ可能です。
まずはお気軽にお試しください。

お問い合わせ