SeciossLink 管理者ガイド

CASB

左メニューの「CASB」から、CASB機能の利用/設定ができます。

当機能を利用することで、クラウドサービスやユーザーの挙動を可視化し、適切に管理、制御することができます。


SeciossLinkでは以下のCASB機能が利用可能です。

  1. アクティビティログ出力機能(「アクティビティログ」)
    ユーザレベルの利用状況やクラウドサービスの利用情報をビジュアルに表示します。
    例えば、「ユーザのログイン数」「使われていないカウント」「サービスごとにログイン数」などの情報をグラフに表示することができます。
  2. 不正アクセスなどのセキュリティの検知機能(「脅威検知」)
    アカウントの利用状況を監視し、いつもと違う端末からのログインや、距離的に不可能なアクセス、信頼できない場所からのアクセスを検知します。
  3. 機密データの保護や情報漏洩リスクを分析するコンプライアンス機能(「クラウドサービス検出」)
    ファイル共有サービスへの機密データ(メールアドレスや住所など個人情報を含むデータ)アップロードやリスクの高いデータへのアクセスを検知します。
  4. クラウドサービスへのアクセス制御や多要素認証機能(「アクセスポリシー」)
    クラウドサービスへのアクセス制御機能、多要素認証機能を提供します。
    また、ユーザやグループ、クラウドサービスに応じたアクセス制御、追加認証が可能です。

また、これらの機能を利用するためには、事前に「クラウドサービス」にて利用対象のサービスごとの設定が必要となります。
設定方法の詳細については、次ページ以降の記載をご確認ください。

マニュアル内検索

マニュアル関連

ID管理と認証を一元管理可能なSaaS型サービス

Standardプランを1か⽉無料でお試し!
無料期間終了後もデータ引継ぎ可能です。
まずはお気軽にお試しください。

お問い合わせ