SeciossLink クイックスタートガイド Google Workspace編

クライアントAPI承認設定

Google Developers Consoleよりサービスアカウント作成した後、以下の手順でGoogle Workspace側で利用するAPIの利用権限を該当サービスアカウント(クライアントID)に承認する必要があります。

 

  1. Google Workspaceの管理コンソールへログインします。
  2. メニューの一覧から「セキュリティ」を選択します。
  3. 「詳細設定」⇒「ドメイン全体の委任を管理」⇒「新しく追加」の順に選択して、
    新規でAPIクライアントを作成します。
  4. 「新しいクライアントIDを追加」の画面が表示されたら、
    「クライアントID」、「OAuthスコープ(カンマ区切り)
    」の値を入力して、「承認」ボタンを押してください。

    • クライアントID:「APIs利用クライアント作成」の手順I.で取得した「一意のID」を入力
    • OAuthスコープ(カンマ区切り)
      以下APIURLをカンマ区切りして、1行で入力してください。
      https://apps‐apis.google.com/a/feeds/emailsettings/2.0/,
      https://www.google.com/m8/feeds/,
      https://www.googleapis.com/auth/admin.directory.group,
      https://www.googleapis.com/auth/admin.directory.orgunit,
      https://www.googleapis.com/auth/admin.directory.user,
      https://www.googleapis.com/auth/apps.licensing,
      https://www.googleapis.com/auth/gmail.settings.sharing
      ※Google Cloud Platform連携を有効にする場合は、以下のAPIのURLも入力してください。
      https://www.googleapis.com/auth/cloud-platformこちらをクリックすることで、APIのURLをコピーしてご利用できます。

  5. 設定保存後は、APIクライアントの一覧より確認できます。

マニュアル内検索

マニュアル関連

ID管理と認証を一元管理可能なSaaS型サービス

Standardプランを1か⽉無料でお試し!
無料期間終了後もデータ引継ぎ可能です。
まずはお気軽にお試しください。

お問い合わせ