SeciossLink 管理者ガイド

統合ID 管理
CSV インポートの設定

独自のCSVフォーマットを用いてユーザー情報、グループ情報、組織情報、連絡先情報を一括で取り込むことができます。
フォーマットは、「統合ID管理」-「CSVインポート設定」より定義し、実際に取り込むCSVファイルの設定はProvisioning APIから行います。

※APIについては、「Provisioning API」の項をご覧下さい。

CSVインポート設定画面

CSVインポート設定項目

項目名 説明
システムID システムを識別するIDを指定します。
区切り文字 CSVの区切り文字を指定します。
登録の種類 CSVインポートで行う処理を選択します。
・追加/変更:データの追加と変更の両方を実施
・追加:データの追加のみを実施
・変更:データの変更のみを実施
同期の実行 「有効」にチェックを入れた場合、CSVインポートを実施するようになります。
追加/変更の条件 CSVファイル中の属性値に従って、追加・変更を実施する条件を指定します。
例)“(seciossAccountStatus=active)”と入力した場合
属性「seciossAccountStatus」の属性値が「active」のユーザーを対象に追加・変更を行います。※”CSVに存在しないエントリを削除”にチェックを入れた際には、取り込んだCSVファイルに一致しないユーザーを削除します。
削除の条件 CSVファイル中の属性値に従って、削除を実施する条件を指定します。

例)“(seciossAccountStatus=inactive)”と入力した場合、
属性「seciossAccountStatus」の属性値が「inactive」に変更されたユーザーが削除対象となります。

属性 登録する属性

“カラム番号CSVのカラム番号、属性名はSeciossLinkの属性名です。

”条件”を設定すると、条件に一致した場合のみ属性値が登録されます。条件は、LDAPフィルタ形式で指定します。

固定値※1 SeciossLinkにデータを登録する際の固定値

“属性名SeciossLinkの属性名、にデフォルト値を設定して下さい。

“値には、“%{関数名(引数)}”の形式で、関数を実行した値を設定することもできます。引数にはLDIF形式の更新データを”$entryStr”として使用することができま

属性値変換 SeciossLinkにインポートするエントリの属性名、値の変換を行うことができます。

・変換条件 属性名:
変換対象の属性名
例:mail

・変換条件 フィルター:
変換対象となるエントリーをLDAPの検索フィルタで指定
例:(objectClass=inetOrgPerson)

・変換前:
変換前の値

・変換後:
変換後の値

※“変換後には、“%{関数名(引数)}”の形式で、関数を実行した値を設定することもできます。

※1:ユーザー情報、グループ情報、組織情報、連絡先情報についてそれぞれ設定を行います。

また、CSVフォーマット設定の新規登録後は、「保存」ボタン横の「動作確認」から、独自CSV フォーマットでインポートする際のLDIFデータを確認できます。
投入確認したい「種類」(ユーザー|グループ|組織|連絡先)を選択し、「CSV レコード」項目に設定したカラム順にCSV レコードサンプルを入力し、「実行」を押下した際には、「結果」ボックス内にldif 形式でのデータが表示され、正しく設定されたか否かが確認できます。

CSVインポート動作確認画面

マニュアル内検索

マニュアル関連

ID管理と認証を一元管理可能なSaaS型サービス

Standardプランを1か⽉無料でお試し!
無料期間終了後もデータ引継ぎ可能です。
まずはお気軽にお試しください。

お問い合わせ