SeciossLink 管理者ガイド

統合ID 管理
DB の設定

「統合ID管理」DB設定」より、SeciossLinkがID源泉のマスターデータとなって、特定の複数のデータベースへの登録を実施するための同期条件の設定が可能です。

※同期の方向は、SeciossLink⇒外部DBサーバー、となります。

DBの設定画面

DB設定項目

項目名 説明
システムID システムを識別するIDを設定します。
DBサーバーの種類 データベースサーバーの種類を選択します。(MySQL|PostgreSQL
DBサーバーのホスト名 データベースサーバーのホスト名を指定します。
データベース名 接続するデータベース名を指定します。
DBサーバーユーザー名 データベースサーバーに接続するユーザー名を指定します。
DBサーバーパスワード データベースサーバーに接続するパスワードを入力します。
文字コード データベースの文字コードを選択します。(UTF-8|Shift-JIS
パスワードハッシュ形式 ユーザー情報のパスワードのハッシュ形式を選択します。
同期の実行 「有効」にチェックを入れた際には同期を実行します。
同期条件 同期対象となるエントリーの条件を指定します。(LDAPの検索フィルター形式)

例:(objectClass=inetOrgPerson)

更新の種類 同期を実行する更新の種類(追加|変更|削除)
テーブル名 データベースのテーブル名を指定します。

例:users

IDのカラム名 テーブル内のIDのカラム名を指定します。

例:user_id

属性 登録する属性を指定します。

属性名はSeciossLinkの属性名、カラム名はテーブルのカラム名です。

属性(SQL) 登録する属性を指定します。

属性値の登録、取得を行う際にデータベースに対してSQLを実行します。

・属性名:

SeciossLinkの属性名

・追加SQL

値を追加するSQL

・削除SQL

値を削除するSQL

・検索カラム:

SELECT分のカラム名

FROM

SELECT文のFROM

WHERE

SELECT文のWHERE

%oは“IDのカラム名”で設定したカラムの値に、%aは属性値に変換されます。

デフォルト値 データを登録する際のデフォルト値を指定します。

“カラム名”にテーブルのカラム名、“値”にデフォルト値を設定して下さい。

“値”には、 “%{関数名(引数)}”の形式で関数を実行した値を設定することができます。引数にはLDIF形式の更新データを%0として使用することができます。

デフォルト値(SQL) データを登録する際のデフォルト値を指定します。

SQL”に実行するSQL文、“値”にデフォルト値を設定して下さい。

%oは“IDのカラム名”で設定したカラムの値に、%aはデフォルト値に変換されます。

属性値変換 SeciossLinkからエクスポートするエントリーの属性値の変換を行うことができます。

・変換条件 属性名:

変換対象の属性名

例:mail

・変換条件 フィルター:

変換対象となるエントリーをLDAPの検索フィルターで指定

例:(objectClass=inetOrgPerson)

・変換前:

変換前の値

・変換後:

変換後の値

“変換後”には、 “%{関数名(引数)}”の形式で関数を実行した値を設定することができます。引数にはLDIF形式の更新データを%0として使用することができます。

論理削除 削除の際にレコードを削除せずに、設定したカラムの値を変更します。

・有効:

論理削除を行う場合にチェック

・カラム名:

削除時に変更するカラム名

・値:

削除時に変更する値

※1:ユーザ情報、グループ情報、組織情報についてそれぞれ設定を行います。

マニュアル内検索

マニュアル関連

ID管理と認証を一元管理可能なSaaS型サービス

Standardプランを1か⽉無料でお試し!
無料期間終了後もデータ引継ぎ可能です。
まずはお気軽にお試しください。

お問い合わせ