SeciossLink 管理者ガイド

統合ID 管理
DB の設定

左メニューの「統合ID管理」DB設定」をクリックすると同期対象のデータベースを登録することができます。

図 89 CSVエクスポート設定

項目名 説明
システムID システムを識別するID
DBサーバの種類 データベースサーバの種類(MySQL|PostgreSQL
DBサーバのホスト名 データベースサーバのホスト名
データベース名 接続するデータベース名
DBサーバユーザ名 データベースサーバに接続するユーザ名
DBサーバパスワード データベースサーバに接続するパスワード
文字コード データベースの文字コード
パスワードハッシュ形式 ユーザ情報のパスワードのハッシュ形式
同期の実行 データの同期を行うかどうか
同期条件 同期対象となるエントリの条件(LDAPの検索フィルタ形式)

例:(objectClass=inetOrgPerson)

更新の種類 同期を実行する更新の種類(追加|変更|削除)
テーブル名 データベースのテーブル名

例:users

IDのカラム名 テーブル内のIDのカラム名

例:user_id

属性 登録する属性

属性名はSeciossLinkの属性名、カラム名はテーブルのカラム名です。

属性(SQL) 登録する属性

属性値の登録、取得を行う際にデータベースに対してSQLを実行します。

・属性名:

SeciossLinkの属性名

・追加SQL

値を追加するSQL

・削除SQL

値を削除するSQL

・検索カラム:

SELECT分のカラム名

FROM

SELECT文のFROM

WHERE

SELECT文のWHERE

%oは“IDのカラム名”で設定したカラムの値に、%aは属性値に変換されます。

デフォルト値 データを登録する際のデフォルト値

“カラム名”にテーブルのカラム名、“値”にデフォルト値を設定して下さい。

“値”には、 “%{関数名(引数)}”の形式で関数を実行した値を設定することができます。引数にはLDIF形式の更新データを%0として使用することができます。

デフォルト値(SQL) データを登録する際のデフォルト値

SQL”に実行するSQL文、“値”にデフォルト値を設定して下さい。

%oは“IDのカラム名”で設定したカラムの値に、%aはデフォルト値に変換されます。

属性値変換 SeciossLinkからエクスポートするエントリの属性値の変換を行うことができます。

・変換条件 属性名:

変換対象の属性名

例:mail

・変換条件 フィルタ:

変換対象となるエントリをLDAPの検索フィルタで指定

例:(objectClass=inetOrgPerson)

・変換前:

変換前の値

・変換後:

変換後の値

“変換後”には、 “%{関数名(引数)}”の形式で関数を実行した値を設定することができます。引数にはLDIF形式の更新データを%0として使用することができます。

論理削除 削除の際にレコードを削除せずに、設定したカラムの値を変更します。

・有効:

論理削除を行う場合にチェック

・カラム名:

削除時に変更するカラム名

・値:

削除時に変更する値

※1:ユーザ情報、グループ情報、組織情報についてそれぞれ設定を行います。

表 56 CSVインポート項目

マニュアル内検索

マニュアル関連

ID管理と認証を一元管理可能なSaaS型サービス

seciossLink

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

アイコン:smartphone