SeciossLink 管理者ガイド

シングルサインオン
GitHub

GitHubとのシングルサインオン、ID同期の設定を行います。

事前にGitHub側での設定を実施してから、「シングルサインオン」-「クラウドサービス」 より、”GitHub”を選択して設定を実施して下さい。

GitHub側での事前設定

  1. GitHub管理画面より、シングルサインオンの対象となる組織の設定画面を開いてください。
  2. 「Organization security」-「SAML single sign-on」にて以下の設定を入力してください。
    ・Enable SAML authentication:チェックを入れる
    ・Sign on URL:「https://slink.secioss.com/saml/saml2/idm/SSOService.php?tenant=<テナントID>」
    ・Issuer:「シングルサインオン」-「SAML」内「設定」の項目「エンティティID」に設定されている値。
    ・Public certificate:SeciossLink管理画面にてステータスが「利用中」のIdp証明書
  3. 「Developer Settings」-「OAuth Apps」の「New OAuth App」から、以下の設定で接続用のOAuthクライアントを作成してください。

    ・Homepage URL:任意のURL
  4. 「Generate a new client secret」よりクライアントシークレットを発行してください。
    ※発行したクライアントシークレットと「Client ID」はSeciossLink側の設定で使用するため、控えてください。

GitHub 設定画面

Github設定項目

項目名 説明
シングルサインオンの設定 有効にした場合、GitHubとのシングルサインオンを行います。
組織 シングルサインオンの対象となる組織を入力します。
ID同期 有効にした場合、GitHubとのID同期を行います。
クライアントID 接続するOAuthアプリケーションの「Client ID」を入力します。
クライアントシークレット 接続するOAuthアプリケーションの「Client secrets」を入力します。

 

マニュアル内検索

マニュアル関連

ID管理と認証を一元管理可能なSaaS型サービス

Standardプランを1か⽉無料でお試し!
無料期間終了後もデータ引継ぎ可能です。
まずはお気軽にお試しください。

お問い合わせ