SeciossLink 管理者ガイド

シングルサインオン
Google Workspace

Google Workspaceとのシングルサインオン、ID 同期の設定を⾏います。

「シングルサインオン」-「クラウドサービス」から「Google Workspace」を選択して下さい。

Google Workspace 設定画面

Google Workspace 設定項目

項目名 説明
シングルサインオンの設定 有効にした場合、Google Workspaceとのシングルサインオンを行います。
Google Workspace プライマリドメイン Google Workspace のプライマリドメイン
Google Workspace ドメイン Google Workspace のプライマリドメイン以外の複数サブドメインを登録可能です。
シングルログアウト Google Workspaceとシングルログアウトする場合、有効にします。
ID 同期 有効にした場合、Google WorkspaceとのID同期を行います。
Google Workspace 管理アカウント名 Google Workspace 側の管理アカウント名
OAuth API メールアドレス Directory API に接続するOAuth クライアントのメールアドレス※1
OAuth API 秘密鍵 Directory API に接続するOAuth クライアントの秘密鍵(P12 形式)※1
パスワード同期 Google Workspace 側のパスワードとの同期の方法
・ なし(パスワードを同期しない)
・ シングルサインオンのパスワード(SeciossLink のパスワード)
・ ランダムパスワード
ユーザの論理削除 有効の場合、SeciossLink でユーザーを削除すると、Google Workspaceのユーザーは停⽌状態になります。
メールアドレスの属性 Google WorkspaceのメールアドレスにSeciossLinkのユーザのメールアドレス以外の属性を同期する場合、その属性を選択します。
メールエイリアスの属性 Google WorkspaceのメールエイリアスにSeciossLinkのユーザーのメールエイリアス以外の属性を同期する場合、その属性を選択します。
組織同期 Google Workspaceに同期する最上位の組織※”全て”を選択すると全組織を同期し、”なし”を選択すると組織の同期は行いません。
Google Cloud Platform連携 有効の場合、Google Cloud Platformのプロジェクトに対するユーザーのアクセス権を割り当てられるようになります。
※ 有効にする場合は、Google Workspaceの管理コンソールの「APIクライアントアクセスを管理する」に登録したクライアントのスコープに必ず ”https://www.googleapis.com/auth/cloud-platform” を追加して下さい。
ライセンス管理 有効の場合、「ライセンス」項目が設定可能になります。
ライセンス チェックされたライセンスはGoogle Workspace のロール情報として、ユーザー情報に表示されます。
※1 Google Workspace側のOAuth API 情報取得、及びシングルサインオン設定については https://www.secioss.co.jp/manual/
にて掲載されている 「SeciossLink クイックスタートガイド(Google Workspace 編)」 を参照してください。

マニュアル内検索

マニュアル関連

ID管理と認証を一元管理可能なSaaS型サービス

Standardプランを1か⽉無料でお試し!
無料期間終了後もデータ引継ぎ可能です。
まずはお気軽にお試しください。

お問い合わせ