SeciossLink クイックスタートガイド G Suite編

SeciossLink ID同期設定

G Suite側でAPIが利用可能なクライアントIDの認証情報を使用して、SeciossLinkが発行したテナント内でご利用するG Suite環境とのID連携、SSO設定を行います。

    1. SeciossLinkの管理者サイトへログインし、「シングルサインオン」「クラウドサービス」の順に選択してクラウドサービス一覧画面を表示させます。「登録」タブを選択して「登録サービス一覧」に切り替わったら、一覧から「G Suite」】を選択します。
    2.  G Suiteに関する連携設定を行います。

      項目名 説明
      シングルサインオンの設定 SeciossLink側「有効」設定します。
      ※SSOを構成する場合は、GSuite側の設定も必要です。
      参考:G Suite シングルサインオン設定
      G Suite プライマリドメイン SSOで利用するG Suiteのベースドメインを入力します
      G Suite ドメイン G Suite側サブドメインを入力します
      シングルログアウト シングルログアウトを実施する場合は「有効」にチェックを入れます
      ID同期
      SeciossLinkユーザーを同期する場合は「有効」にチェックを入れます
      G Suite管理アカウント名 G Suite管理アカウントローカルパート部を入力します
      (「@」以前の内容)
      OAuth APIメールアドレス 「APIs利用クライアント作成」の手順で取得した
      メールアドレス」を入力します
      OAuth API 秘密鍵 「APIs利用クライアント作成」の手順「I」で取得した
      秘密鍵」をアップロードします
      パスワード同期 SeciossLinkからG Suite側に作成するユーザーの
      パスワードの種類を以下から選択します

      • なし:G Suite側にパスワードを持たさない
      • シングルサインオンのパスワード:
        SeciossLinkが持つユーザーのパスワード
      • ランダムパスワード:
        SeciossLink側がランダムに生成したパスワード
      ユーザーの論理削除 「有効」にチェックを入れた場合、SeciossLink側のユーザーを削除した際にG Suite側においても該当ユーザーを停止状態にします。
      メールアドレスの属性 G Suite側メールアドレスと同期する属性を選択します。
      メールエイリアスの属性 G Suite側メールエイリアスと同期する属性を選択します。
      組織同期 同期する組織を選択します
      Google Cloud Platform連携 Google Cloud PlatformとID連携を行う場合は
      「有効」にチェックを入れます
      ライセンス管理 SeciossLinkからライセンスを付与する場合、「有効」にチェックを入れます。
      ライセンス 利用可能なライセンスを選択し、ユーザー作成時に付与されます

       

    3. G Suiteの設定完了後、SeciossLink側ユーザーでの設定を行います。
      ユーザー情報の「メールアドレス」項目のドメイン設定は、自動でG Suiteのプライマリドメインまたはサブドメインに該当します。
      G Suiteの設定が正しく完了すると、ユーザー情報の項目「許可するサービス」に「G Suite」が表示され、該当ユーザーがGSuiteの利用があれば、チェックを入れて、「更新」が実施された場合、即時G Suiteへ同期されます。

     

マニュアル内検索

マニュアル関連

ID管理と認証を一元管理可能なSaaS型サービス

seciossLink

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

アイコン:smartphone