SeciossLink クイックスタートガイド G Suite編

SSO動作確認

予め、SeciossLink側で認証ルールを作成してください。
G SuiteSSO設定が完了後、SeciossLink側から作成されたユーザーはSSOログインできるようになります。

  1. SSO認証ルールの作成
    SeciossLink側認証するために認証ルールを作成する必要があります。メニューの「認証」から認証ルールを作成してください。
    この認証ルールはユーザーが
    G Suiteからリダイレクトされ、SeciossLinkがログイン画面を表示する時の認証ルールとなります。
    ID」項目に任意の名前(英数字)を入力し、「認証方式」に表示されている一覧から、「ID/パスワード認証」にチェックを入れて「追加」をクリックしてください。
    更に、「クライアント」から認証で使用するものにチェックを入れ、「ルールの状態」に「有効」に設定されていることを確認して、「登録」を選択してください。
  2. G Suiteへログインを行う方法は2つあります。
    1. Googleのログイン画面を開いてアカウントを入力した際に、SeciossLinkのログイン画面にリダイレクトされ、該当アカウントのユーザー名とパスワードを入力して認証が完了された際に、利用が開始されます。
      なお、リダイレクトされたログイン画面をブックマークしてアクセスすることはできないため、ご注意ください。
      また、以下のようなGmailへのログインURLにアクセスした場合はG Suiteのログイン画面がスキップされ、直接SeciossLinkのログイン画面を表示させることができます
      https://mail.google.com/a/<G Suite ドメイン名>
      ブックマークとして利用可能
    2. SeciossLinkのユーザーポータルから利用する場合
      SeciossLinkではシングルサインオンサービスを一覧表示する「ユーザーポータル画面」が
      用意されています。以下のURLにログインすることで、
      該当ユーザーが利用可能なサービス一覧が表示されます。
      ユーザーポータルURL:https://slink.secioss.com/user/
      既にIdPSeciossLink)で認証済のため、表示されたG Suite関連サービスのアイコンをクリックすると、別タブが開かれてログイン済みのサービス画面が表示されます。

マニュアル内検索

マニュアル関連

ID管理と認証を一元管理可能なSaaS型サービス

seciossLink

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

アイコン:smartphone