SeciossLink 管理者ガイド

プロファイル管理
パスワードポリシー

プロファイルを新規登録後、「パスワードポリシー」タブからプロファイルに紐づくパスワードポリシーの設定が行えます。
※プロファイル内で設定したパスワードポリシーは「システム」-「パスワードポリシー設定」の設定より優先して適用されます。

プロファイルのパスワードポリシーの設定画面

プロファイルに紐づくパスワードポリシーの設定項目

項目名 説明
ポリシーの設定 ポリシーの有効/無効の設定ができます
文字数 パスワードの最小、最⼤文字数の設定ができます
使用可能文字 パスワードに使用可能な文字種の制限ができます
強制文字 パスワード設定に必須の文字種を選択できます
使用禁止属性 ユーザー情報で使用している文字列かどうかチェックします。
チェックした属性値はパスワードで利用することが不可能となります。
パスワード強度チェック 設定したパスワードの強度をチェックします。
ユーザが強度の低いパスワードを設定した場合に、設定によって以下の動作になります

  • 警告:警告メッセージが表示されます
  • 変更拒否:パスワードを再度設定します
初期パスワードの変更 初期パスワードでログインした場合、パスワードの変更を要求するかどうかを指定します
パスワード世代管理数 過去に使用したパスワードを使用できないようにするための世代数を設定します。※1
パスワード有効期間(日) パスワード変更後、指定した日数を経過したユーザーはログイン時に強制的にパスワード変更画面に転送します。※1
パスワード期限警告時間(日) パスワード変更後、指定した日数を経過したユーザーにパスワード期限が切れる前に警告メールを送信します。※1
パスワード再設定受付期間(日) パスワードの有効期限が切れた後の再設定の受付可否を設定できます。※1
パスワード変更禁⽌期間(日) パスワード変更後から、パスワードを変更を不可能にする日数を指定します。※1
パスワード認証の最⼤失敗回数 パスワード認証に失敗してアカウントがロックアウトされるまでの回数を指定します。※1
パスワード認証失敗回数のリセット時間(秒) 認証失敗後、認証失敗回数をリセットするまでの時間を指定します。※1
アカウントロックアウトの解除時間(分) アカウントがロックアウトされた際に、解除されるまでの経過時間を設定します。※1
最終ログインからの経過日数による制御 最後のログインからの経過日数に応じた制御処理を実施するか設定することができます。※1
優先度 パスワードポリシーの優先度を選択します
ユーザーに複数のプロファイルが割り当てられていた場合、優先度の最も⾼いプロファイルのパスワードポリシーが適用されます。
※1:値に”0”を指定した場合、設定は無効となります。

マニュアル内検索

マニュアル関連

ID管理と認証を一元管理可能なSaaS型サービス

seciossLink

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

アイコン:smartphone