SeciossLink 管理者ガイド

SAML
SAML 設定

左メニューの「シングルサインオン」-「SAML サービスプロバイダー」を開き、画面右上の「設定」タブをクリックすることでSAMLのエンティティIDの変更等を行うことができます。

SAML 設定

項目名 説明
エンティティID SeciossLinkがSAML IdPとして動作する際のエンティティID

※エンティティIDを変更した場合、変更前のエンティティIDが設定されているSAML SPはシングルサインオンできなくなってしまいますので、SP側のIdPのエンティティIDも合わせて変更して下さい。

メタデータ SAML IdPのメタデータのダウンロード
メタデータの自動更新 設定したURLのメタデータを取得して、更新があれば設定されているSAML SPに更新内容を反映します。

URLは空白区切りで複数設定することができます。

※テナントに”学認”機能が割り当てられている場合のみ表示されます。

ユーザー同意取得 レスポンスをを送信する前にユーザー同意の取得を行う場合、有効にして下さい。

送信した属性値に変更があった場合、再度同意を取得する場合は、「属性値の更新後に再度同意を取得」にチェックして下さい。

全てのSAML SP(クラウドサービスのSAML SPも含む)が対象になります。

※テナントに”学認”機能が割り当てられている場合のみ表示されます。

Targeted IDを生成するソルト Targeted IDを生成するソルトを設定します。

ShibbolethからSeciossLinkに移行する場合、Shibbolethで設定したソルトの値を設定して下さい。

※テナントに”学認”機能が割り当てられている場合のみ表示されます。

SAML 設定項目

 

マニュアル内検索

マニュアル関連

ID管理と認証を一元管理可能なSaaS型サービス

seciossLink

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

アイコン:smartphone