SeciossLink 管理者ガイド

シングルサインオン
Slack

Slackとのシングルサインオン、ID 同期の設定を⾏います。

事前にSlackの管理画面で設定を実施して、Seciosslink管理画面の「シングルサインオン」-「クラウドサービス」 ”Slack”から設定を実施してください。

Slack側の事前設定

Slackの管理画面の「認証」-「SAML認証」でSSOの設定を以下のように行って下さい。

  • SAML 2.0 エンドポイント(HTTP):
    https://slink.secioss.com/saml/saml2/idp/SSOService.php?tenant=<テナントID>
    ※Slackのシングルサインオンの設定を複数行っている場合、”&service=<サービスID>”を追加して下さい。
  • IDプロバイダー発行者:
    https://slink.secioss.com/<テナントID>
  • 公開証明書:
    「システム」-「IdP証明書」から”使用中”の証明書をダウンロードして、登録して下さい。

 

また、以下の手順でID同期の設定を行って下さい。

  1. Slack API(https://api.slack.com/apps)で”Create a New app”を実行して下さい。
    ※”App Name”には任意の名称、”Pick a workspace to develop your app in”には接続先のワークスペースを選択してください。
  2. 左メニュー”OAuth & Permissions”を選択し、”Scopes>User Token Scopes”から”Add an OAuth Scope”を押下して”admin”を選択して下さい。
  3. “OAuth Tokens for Your Workspace” > “Install to Workspace”を実行し、表示された権限を許可してください。
  4. “OAuth Tokens for Your Workspace”の”User OAuth Token”をコピーし、SeciossLink側の”アクセストークン”に設定して下さい。

Slack シングルサインオン設定画面

Slack シングルサインオン設定項目

項目名 説明
シングルサインオンの設定 有効にした場合、Slackとのシングルサインオンを行います。
URL SlackにアクセスするURLを入力します。

例)
https://xxxxx.slack.com/

ID同期 有効にした場合、SlackとのID同期を行います。
アクセストークン SlackのAPIに接続するためのアクセストークンを入力します。

マニュアル内検索

マニュアル関連

ID管理と認証を一元管理可能なSaaS型サービス

Standardプランを1か⽉無料でお試し!
無料期間終了後もデータ引継ぎ可能です。
まずはお気軽にお試しください。

お問い合わせ