SeciossLink 管理者ガイド

シングルサインオン
Slack

Slackとのシングルサインオン、ID 同期の設定を⾏います。

事前にSlackの管理画面で設定を実施して、Seciosslink管理画面の「シングルサインオン」-「クラウドサービス」 ”Slack”から設定を実施してください。

Slackサービス側の設定

Slackの管理画面の「認証」-「SAML認証」でSSOの設定を以下のように行って下さい。

  • SAML 2.0 エンドポイント(HTTP):
    https://slink.secioss.com/saml/saml2/idp/SSOService.php?tenant=<テナントID>
    ※Slackのシングルサインオンの設定を複数行っている場合、”&service=<サービスID>”を追加して下さい。
  • IDプロバイダー発行者:
    https://slink.secioss.com/<テナントID>
  • 公開証明書:
    「システム」-「IdP証明書」から”使用中”の証明書をダウンロードして、登録して下さい。

 

また、以下の手順でID同期の設定を行って下さい。

  1. Slack API(https://api.slack.com/apps)の”Create a Slack app”からアプリケーションを作成して下さい。
  2. 作成したアプリケーションの”OAuth & Permissions”の”Scopes>User Token Scopes”に”Administer the workspace”を“OAuth Access Token”を設定して下さい。
  3. “Install App to workspace”を実行して、生成された”OAuth Access Token”をSeciossLink側に設定して下さい。

Slack 設定画面

Slack 設定項目

項目名 説明
シングルサインオンの設定 有効にした場合、Slackとのシングルサインオンを行います。
URL SlackにアクセスするURL
ID同期 有効にした場合、SlackとのID同期を行います。
アクセストークン SlackのAPIに接続するためのアクセストークン

マニュアル内検索

マニュアル関連

ID管理と認証を一元管理可能なSaaS型サービス

Standardプランを1か⽉無料でお試し!
無料期間終了後もデータ引継ぎ可能です。
まずはお気軽にお試しください。

お問い合わせ