SeciossLink 管理者ガイド

シングルサインオン
zScaler

zScalerとのシングルサインオン、ID 同期の設定を⾏います。
事前にzScaler側で設定を実施してから、「シングルサインオン」-「クラウドサービス」 より”zScaler”を選択して設定を実施して下さい。

zScaler側の事前設定

zScalerの設定画面の「administrations」-「Authentication Settings」-「Authentication Type」の「Configure SAML」にアクセスして、以下の設定を行って下さい。

  • SAML Portal URL:
    https://slink.secioss.com/saml/saml2/idp/SSOService.php?tenant=<テナントID>
    ※zScalerのシングルサインオンの設定を複数行っている場合、”&service=<サービスID>”を追加して下さい。
  • Login Name Attribute:
    NameID
  • Public SSL Ceritificate:
    SeciossLinkのIdP証明書をアップロードして下さい。
  • Enable SCIM-Based Provisioning

zScaler シングルサインオン 設定画面

zScaler シングルサインオン 設定項目

項目名 説明
シングルサインオンの設定 有効にした場合、zScalerとのシングルサインオンを行います。
エンティティID SAMLのエンティティIDを入力します。
Assertion Consumer Service zScalerのAssertion Consumer ServiceのURLを入力します。
ユーザIDの属性 zScalerのユーザーIDに使用するSeciossLink側の属性を以下から選択します。
・ユーザーID@テナントID
・メールアドレス
ID同期 有効にした場合、zScalerとのID同期を行います。
API URL zScalerのSCIM APIのURL

※zScalerのSAMLの設定画面の”Base URL”の値を設定して下さい。

アクセストークン zScalerのAPIにアクセスする際のアクセストークン

※zScalerのSAMLの設定画面の”Bearer Token”の値を設定して下さい。

 

マニュアル内検索

マニュアル関連

ID管理と認証を一元管理可能なSaaS型サービス

Standardプランを1か⽉無料でお試し!
無料期間終了後もデータ引継ぎ可能です。
まずはお気軽にお試しください。

お問い合わせ