システム構成例

Office365連携

Office365の利用では、アカウント管理やセキュリティに関する様々な要望があります。
・社内のActive Directoryの情報を利用したい(アカウント管理の運用を変更したくない)
・社内からのアクセス時は「パスワード」のみで利用可能としたい
・社外からのアクセス時は許可した端末(会社配布の端末)のみ利用可能としたい

SeciossLinkとOffice365を連携すれば、アカウント管理の自動化、アクセス制御、端末制御が可能となります。

管理者はADを管理するだけで、Office365へアカウント作成、変更、削除、ライセンスの付与、剥奪までをSeciossLinkを経由して自動的に行うことができるようになります。

更には、IPアドレス制御機能を利用して、社内IPアドレスからのアクセス時は「パスワード認証」のみ、社外からのアクセス時は、追加認証を行うことが可能です。

また、「クライアント証明書」が導入されている端末(PCスマートデバイス)のみ認証を許可し、不正な端末からのアクセスを拒否することができます。

API連携

SeciossLinkには様々なシステムと柔軟に連携できるよう、多くのAPIを備えており、既にご利用のシステムからSeciossLinkが持つAPIを利用して情報連携する方法もよくある構成です。

例えば、社内の人事システムから人事情報をCSVファイルで出力、SeciossLinkのCSVファイルアップロードAPIを利用して必要な情報のみ、クラウド環境へ自動アップロードすることができます。

認証やアクセス制御をSeciossLinkに集約することで、運用コストを削減、セキュリティを高めることができます。

ID管理と認証を一元管理可能なSaaS型サービス

seciossLink

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

アイコン:smartphone